小戸A遺跡・小戸館跡発掘調査報告書 新発田市埋蔵文化財調査報告第5

小戸A遺跡・小戸館跡発掘調査報告書 新発田市埋蔵文化財調査報告第5
編集・発行:新発田市教育委員会
発行日:1983年3月31日
ページ数:20P+図版8P
定価:不明
オススメ度:★★★☆☆
「このたび、市道小戸線の拡幅改良工事に伴い、小戸A遺跡・小戸館跡の発掘調査が実施された。市内では、近年発掘調査が相次いでいるが、その多くは菅谷地区に集中しており、本遺跡が加治川流域における初めての発掘調査である。」

書評:
発掘面積が少なかったため、城跡の建物跡などは発見されていないが、現況から判断できる土塁や掘、虎口など館跡の全体の調査が行われたようです。



[目次]
Ⅰ 調査の経緯
 1.発掘調査に至る経緯
 2.発掘調査の経過
Ⅱ 遺跡
 1.位置と立地
 2.周辺の遺跡
 3.調査区の設定と層序
Ⅲ 遺構と遺物
 1.縄文・弥生時代
 2.中世館跡
Ⅳ まとめ
 1.縄文・弥生時代の土器について
 2.小戸館跡について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です