平成8年度秋季特別展 元亀争乱 信長を迎え討った近江

平成8年度秋季特別展 元亀争乱 信長を迎え討った近江
編集:安土城考古博物館
発行:安土城考古博物館
発行日:1996年10月12日
ページ数:104P
定価:1,500円(税込) 品切れ
オススメ度:★★★☆☆
「近江、そして現在の滋賀県民にとって、織田信長とはどういう存在だったのでしょうか。信長は永禄11年近江に入って以来、天正4年に安土城を建てるなど近江とのつながりが深かったように思われがちです。しかし実際には、滋賀県民からさほど親近感を持たれていなかったのではないでしょうか。それは、結局信長は、近江にとって侵略者にすぎなかったという思いが片すみにあるからでしょう。この展覧会では、浅井・朝倉氏を中心に、信長の前に立ちはだかった人々について展示することで、戦国時代の近江の人々の生き様を追ってみました。」
書評:
本書は平成8年10月12日から11月17日までの特別展の図録です。浅井・朝倉連合軍と信長が戦った元亀争乱を焦点に、浅井氏と朝倉氏の遺品を中心に展示・掲載しています。


[目次]
1.朝倉氏・浅井氏・織田氏
2.浅井氏離反から姉川の戦いへ
3.滋賀の陣と近江
4.浅井・朝倉氏の滅亡
年譜 -元亀争乱-
人物紹介
関連地図
寄稿論文「城郭構造から信長の近江進攻を読む」
寄稿論文「天下統一への序曲
「浅井長政像」模写事業について
列品解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です