歴史読本2011年12月号 特集戦国武将の兄弟

歴史読本2011年12月号 特集戦国武将の兄弟
出版社:新人物往来社
発行日:2011年10月24日
ページ数:336P
定価:1,090円(5%税込)
オススメ度:★★★☆☆
書評:
久しぶりの戦国特集は兄弟をクローズアップ!「発掘!戦国ニュース」も面白い。聚楽第、小田原城、勝瑞城館跡の最新の発掘調査が興味深いですよ。
この書籍をAmazonで購入する


[目次]
巻頭史論 戦国時代の兄弟関係
特集ワイド 戦国武将兄弟の絆
 武田信繁と信玄
 豊臣秀長と秀吉
 北条氏照と氏政
 真田信之と信繁
 島津義弘と義久
 立花直次と宗茂
 石田正澄と三成
 鈴木重朝と重秀
 里見義通と実堯
 宇喜多忠家と直家
 朝倉宗滴と七人の兄
 香宗我部親泰と長宗我部元親
骨肉の兄弟争い事件簿
戦乱の世に芽生えた固い絆 義兄弟の契り

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です