岐部城跡調査報告書 文化財調査報告第七輯

岐部城跡調査報告書
著者:茶川龍男、甲斐素純
発行:九重町教育委員会
発行日:1981年2月
ページ数:153P
定価:非売品
オススメ度:★★★☆☆
「本書は、昭和五二年以来断続的に繰り返された城跡及びその周辺の地形、あるいは歴史的関連地名・遺跡・遺構・岐部氏所蔵の古文書等々の調査の中から、岐部氏関連の主なものを抽出し、まとめ、収録した。」

城跡の調査報告だけでなく、城主についてもまとめられていて当時としては大変珍しい形式で、今発行されるなら「岐部城跡総合調査報告書」と名付けられるだろう。



[目次]
序章 遺跡の地理的概況とその周辺
 一、九重町の位置・地勢
 二、岐部城跡の位置とその周辺の環境
第一章
 一、城跡周辺に残る地名・屋号について
 二、中世山城と岐部城跡の遺構について
 三、遺構解説
 四、南山田地域の文化財
第二章
 一、岐部城跡について
 二、紀氏について
 三、豊後清原氏と紀氏について
 四、小倉神社所蔵の棟木に見る紀氏
 五、岐部氏所蔵「豊後国珠玖郡十二家由来」について
 六、地名と姓氏
 七、時松姓について
第三章
 一、岐部秀一氏所蔵文書
 二、岐部勘市氏所蔵文書
 三、「熊本県史料」中世編第四所収「岐部文書」
第四章
 一、伝存の事情
 二、岐部文書の内容
 三、国東の岐部氏との関係
第五章 岐部氏関係遺跡踏査 国見町
第六章 参考資料 城郭用語

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です