国史跡上田城跡石垣解体修復工事報告書 本丸南櫓下尼ヶ淵石垣解体修復工事 上田市文化財調査報告書第107集

国史跡上田城跡石垣解体修復工事報告書
編集・発行:上田市、上田市教育委員会
発行日:2009年3月31日
ページ数:83P
定価:不明
オススメ度:★★★☆☆
「本書は、平成14年度から18年度にかけて実施した、本丸南櫓下尼ヶ淵石垣解体修復工事の報告書です。本丸南側に所在する天然の要害・尼ヶ淵の石垣が、長い年月の経過に伴って孕んだり落下したため、解体修復工事を実施しました。当時、尼ヶ淵には千曲川の本流が流れ、今回工事を実施した石垣は、千曲川の洪水に備えて造られたものであることが古文書などに記録されています。」


[目次]
第1章 上田城跡の概要
 第1節 上田城跡の歴史
 第2節 上田城主の変遷
第2章 尼ヶ淵南櫓下石垣の概要
 第1節 尼ヶ淵に所在する石垣の歴史的経過
 第2節 石垣修復のための史資料
第3章 解体修復工事の概要
 第1節 工事の概要
 第2節 工事の経過及び組織
第4章 工法検討のための調査の結果
 第1節 石垣構築材の調査
 第2節 尼ヶ淵崖面の地質調査
 第3節 石垣接地部の試掘調査
 第4節 各調査結果に基づく検討課題
第5章 解体修復工事
 第1節 修復工事の方針
 第2節 作業工程
第6章 解体修復工事のまとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です