続日本100名城スタンプラリー 鎌刃城

鎌刃城

滋賀県米原市にある鎌刃城。続9城目

鎌刃城

スタンプは麓の中山道番場宿に設置された

鎌刃城

パンフレットボックスの横に置いてあります。24時間いつでも押せます。

鎌刃城

ここの鎌刃城への案内が書いてありましたが、城まで40~50分かかるようです。
さらに山道にはヒルが出るとあり、下調べが甘かった。

鎌刃城

宿場から見えるこの方向に城跡があるのだろうけど、今回は宿場をまわることにした。

鎌刃城

明治天皇番場御小休所

鎌刃城

その隣に本陣跡があった。

続日本100名城スタンプラリー 八幡山城

八幡山城

近江八幡市にある八幡山城。続8城目

八幡山城

八幡山ロープウェーに乗る。

八幡山城

約4分で山上駅に到着する。

八幡山城

スタンプはその山上駅にある。スタンプの場所には認定証も

八幡山城

山上駅から八幡山城の郭をめぐるのに30分かからない。

八幡山城

西の丸

八幡山城

西の丸から北の丸へ向かうときは本丸石垣沿いを進む。樹木で隠れた部分も多い石垣だが、この西側部分は見やすい。

八幡山城

北の丸

八幡山城

本丸への階段途中に山門が建つ。両側に大きめの石が積まれている。スタンプはどこかこの辺りか?

八幡山城

本丸には日蓮宗村雲瑞龍寺門跡が建っている。

八幡山城

本丸からの眺めはいい。他に二の丸の展望台に城跡関連の資料が展示されている。

続日本100名城スタンプラリー 米子城

米子城

米子市の米子城に夕方登ってきた。

米子城

湊山公園の駐車場に停め、西の登城口から登る。

米子城

案内板はあるが、パンフレットを入手できれば尚良い。
本丸までは徒歩15分。ちょうど良い散歩コースとも言える。

米子城

しばらく登ると右手に登り石垣

米子城

左に内膳丸がある。

米子城

さらに登ると番所郭から本丸の天守台と左手に四重櫓台が見える。

米子城

本丸に到着。広い平坦地が広がっている。

米子城

東屋にスタンプが設置されている。
スタンプは城内でもっとも高さのある四重櫓台を描いているようだ。

米子城

本丸から西、中海に日が沈んでいく。

米子城

長く延びる影の先には天守台。その先に大山があるのだが、今日は雲に隠れている。

米子城

帰りは東の鉄門から下りる。
途中矢穴が残る石が転がっている。

米子城

鉄門あたりから本丸へ至る道は石垣が左右に重なり圧倒される景色だ。

米子城

東の登城道には石仏四国八十八所が並ぶ。

米子城

麓に残るのは重厚な桝形門。

米子城

中に市内唯一の長屋門が移築されているが、屋根にブルーシートが掛けられている。

米子城

もともと奥向き御殿があった場所は、現在テニスコートとなっているが、そこから内膳丸への登城口に御用井戸が残っている。

翌日は曇天で、晴天となった翌々日の早朝8時前にもう一度登城した。

米子城

宿泊したホテルから見えた城山。今は石垣しか見えないが、天守があればとても目立つ。

米子城

本丸北の石垣

米子城

四重櫓台の石垣

米子城

鉄門跡

米子城

天守台

米子城

本丸から見る内膳丸方向

米子城

天守台から見る四重櫓台
今日はくっきりと大山のシルエットが見えた。

続日本100名城スタンプラリー 中津城

中津城

続日本100名城に選定されたので、中津市の中津城に久しぶりに行った。

中津城

本丸に黒田官兵衛資料館ができていた。
NHK大河「軍師官兵衛」(2014)が放映された当時、ここにドラマ館があったのでそれを利用し、当時の解説パネルとみやげ物が売られている。ここは入館無料

中津城

本丸に鎮座する奥平神社。中津藩の奥平家を祀る。

中津城

模擬天守に入る。

中津城

館内に認定証が展示されていた。スタンプは受付でお願いする。

中津城

軍師官兵衛の兜を被って記念撮影できるコーナーがあった。

中津城

その兜のペーパークラフトを300円で購入した。缶バッジと絵葉書付き。

中津城

最上階から北を眺める。中津城の西を流れる高瀬川。堀を兼ね、すぐ海につながり舟運路も想定していた。

中津城

二の丸の薬研堀越しに見る天守。スタンプの画角はここ。

中津城

天守北に回り込むと、黒田時代(右)と細川時代(左)の石垣が並ぶ。

中津城

黒田官兵衛と正室光姫の像ができていた。

続日本100名城スタンプラリー 新宮城

新宮城

新宮市にある新宮城に2回目の訪城。

新宮城

新宮市立歴史民俗資料館にスタンプをもらいに行く。
初めて入ったので館内もじっくり見学する。

新宮城

入口に認定証が飾られていた。

新宮城

展示見学後に新宮城を見に行く。
鐘ノ丸と本丸の間に上がる階段を上がる。

新宮城

上がって左手に行くと鐘ノ丸

新宮城

広い平場になっている。

新宮城

右手に本丸があり、石垣が幾重に重なっている。

新宮城

眼下の熊野川沿いに水ノ手と船着場が見える。水ノ手には鐘ノ丸から先の松ノ丸を通って行くことができるようだ。

新宮城

本丸の階段を上っていくと虎口の石垣が見えてくる。
スタンプの場所はここから見た視角だ。

新宮城

本丸の北に独立した出丸がある。

新宮城

本丸には通路としては使用されていない虎口がもうひとつあるが、桝形になっている。

新宮城

丹鶴姫之碑が建っている。源為義を父に、熊野別当の娘立田御前を母に持つと伝える。

続日本100名城スタンプラリー 赤木城

赤木城

続日本100名城スタンプラリー4城目の赤木城

赤木城

熊野市からアップダウンを繰り返しながら到着しました。もっと山深い場所かと思いました。

赤木城

途中、丸山千枚田を見晴台から眺めた。

赤木城

駐車場からも石垣が見える。
山城かと思いきや平山城だった。

赤木城

最初に現われるのは鍛治屋敷跡

赤木城

東郭から西郭へ向かう。

赤木城

西郭に上る石垣

赤木城

主郭の石垣を時計回りにまわる。
赤木城

主郭の石垣は屈曲があり、横矢掛になっている。

赤木城

北郭

赤木城

虎口から主郭に入る。

赤木城

主郭に建つ城郭標。平成8年に整備されたときに建てられたようだ。

赤木城

主郭

赤木城

しかし、藤堂高虎が縄張りしたという赤木城の周囲を見渡しても、山々に囲まれて集落がポツポツと見えるのみ。
なぜこんな場所に城が築かれたのかと疑問に思った。

赤木城

スタンプは旧紀和町の中心地にある熊野市紀和鉱山資料館である。
スタッフに聞いて見た。赤木城の辺りは木材の一大供給地で山奉行を置いていたのだという。

赤木城

スタンプは資料館入り口にあった。時間がなかったので資料館の中には入っていない。

続日本100名城スタンプラリー 佐柿国吉城

佐柿国吉城

福井県美浜町にある国吉城に行ってきました。続日本100名城スタンプラリー3城目だが、スタンプは2つ目。
季節展示や発掘調査報告会などで幾度となく訪れた城跡です。

佐柿国吉城

駐車場から向かう途中、桜が咲いていた。石垣に桜はよく似合う。

佐柿国吉城

ここ数年で発掘調査が行われ、きれいに整備された。

佐柿国吉城

麓の城主居館跡

佐柿国吉城

登っていくと途中、伝二の丸跡と書かれた出丸が突き出ている。土塁が良好に残る。

佐柿国吉城

本丸下までくると、発掘調査で見つかった石垣がそのまま保存されている場所がある。

佐柿国吉城

本丸のある斜面と尾根伝いの郭を区切る堀切の両側には石垣が見つかった。

佐柿国吉城

尾根伝いの郭

佐柿国吉城

本丸北西虎口跡
本丸の入口で両側に石積みと門の礎石が見つかっている。
スタンプの図柄はわかりにくいが、この虎口と思われる。

佐柿国吉城

麓からは20分で登城
本丸の「国吉城」の標柱と、板五輪塔

佐柿国吉城

本丸からは佐柿の町を見渡せる。風の強い日で、遮るもののない本丸は寒い。

佐柿国吉城

麓に国吉城歴史資料館が建ち、受付でスタンプをもらう。

続日本100名城スタンプラリー 玄蕃尾城

玄蕃尾城

福井県と滋賀県の県境にある玄蕃尾城に行ってきました。
柳ヶ瀬トンネルの直前で左折して上ります。

玄蕃尾城

福井側の登城口に到着。本来はこの駐車場にスタンプがあるはずだったのですが・・・・
まだ冬期ということなのかありませんでした。スタンプは次回

玄蕃尾城

来たので登ります。

玄蕃尾城

途中、行市山砦との分岐に出る。

玄蕃尾城

この後、尾根に出ると一面の雪景色になった。

玄蕃尾城

案内板には、主郭と2つの馬出郭、3つの虎口郭があると書かれている。

玄蕃尾城

南虎口。雪に覆われていると写真に写したときに凸凹がわかりやすい。

玄蕃尾城

主郭

玄蕃尾城

主郭の隅に櫓台がある。

玄蕃尾城

こんな雪でも2人とすれ違った。
やはり寒いので出直したほうが良さそうだ。

続日本100名城スタンプラリー 鳥越城

鳥越城

いよいよ続日本100名城スタンプラリー始まりましたよ。開始日に早速地元の鳥越城に行ってきた。

鳥越城

二週間前までは山上駐車場までの道路も雪に埋もれていたのに、ここ数日の陽気で問題なく行けました。
途中倒木などもありましたが、駐車場に着くと後二の丸の切岸が迎えてくれる。

鳥越城

何度も訪れた鳥越城だが、この時期に来たのは初めてだった。城跡にはカタクリの群生がきれいに咲いていた。

鳥越城

本丸を取り囲む堀跡にもカタクリが

鳥越城

今日は午後から雨予報であり、曇天だったが雨の前に散策できた。

鳥越城

桝形門と桝形石塁

鳥越城

中の門の先に見える曲輪は二の丸

鳥越城

1本の桜がきれいに咲いていた。山上に広がる曲輪群が鳥越城の魅力だ。

鳥越城

本丸土塁から桝形を眺める。

鳥越城

本丸を眺めると、やはり遠方まで見渡せる青空が似合う。

鳥越城

道の駅から鳥越城のある鳥越山を望む。

鳥越城

スタンプは鳥越一向一揆歴史館の窓口でもらった。
城跡では3名の方とすれ違ったが、まだ2番目だった。

鳥越城

歴史館では毎年特別な道の駅切符が作られる(入館者に配布)が、今年は続日本100名城選定記念バージョン(先着300枚限定)です。

高宮城 滋賀県の城館

高宮城

彦根市の高宮にあった高宮城。江戸時代には中山道の宿場町高宮宿として栄えた地である。

高宮城

平地城館で、石碑の建つ高宮小学校(左)や高宮幼稚園(右)の辺りにあったと伝えられている。

高宮城

高宮小学校の校庭にはかつて井戸があったという。

高宮城

学校敷地に沿って流れる五社川が城館の堀の名残らしい。

高宮城

高宮城を納めた高宮氏の菩提寺高宮寺

高宮城

境内に高宮氏歴代の墓所が残っている。