萩城跡外堀調査報告書 -萩城跡外堀文献調査報告・萩城跡外堀発掘調査報告-

萩城跡外堀調査報告書 -萩城跡外堀文献調査報告・萩城跡外堀発掘調査報告-
編者・発行:萩市教育委員会
発行日:1988年9月
ページ数:34P+図版36P
定価:不明
オススメ度:★★★☆☆
「外堀は、萩城三の丸と城下町とを区画し、当初は堀幅20間であったといわれておりますが、現在では堀幅は大きく狭められ、一部を除き旧状をうかがうことが難しい状態となっています。昭和60年度から、この外堀の東側に沿って歴史的地区環境整備街路事業計画が具体化してまいりましたと同時に、史跡としての外堀の整備の必要性に伴い、このたびの調査となった次第です。この報告書は、歴史的街路と史跡整備のための調査報告書であるとともに萩藩城下形成・発展の歴史を知る資料となったと考えております。」


[目次]
Ⅰ 萩城跡外堀文献調査報告
 1 はじめに
 2 調査の目的と経過
 3 外堀の変遷
 4 外堀の構造
 5 まとめ
Ⅱ 萩城跡外堀発掘調査報告
 1 事業の目的
 2 発掘調査の概要
 3 まとめ
特別寄稿 萩城跡外堀の史跡指定と外堀

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です