史跡福山城保存整備基本設計書 弘前町

史跡福山城保存整備基本設計書
発行:松前町
発行日:1999年3月
ページ数:86P
編纂:有限会社建築文化研究所
定価:不明
オススメ度:★★★☆☆
書評:
「本書は、松前町史跡福山城保存整備検討委員会の協議・検討をもとに、平成10年度に策定した、史跡福山城の基本設計を定めるものである。」

本書は松前藩の通称松前城の保存整備計画をまとめたものです。史跡登録名称としては「福山城」としているが、福山城というと広島県の福山城のイメージがあるので、松前城というほうがわかりやすいですね。保存管理計画書には整備のために参考にした貴重な古写真や絵図がカラーで掲載されているのがうれしいところです。


[目次]
第1章 史跡福山城の概要
 (1) 史跡指定の状況
 (2) 福山城の歴史と史跡の来歴
 (3) 今までの経過
第2章 設計の前提条件
 (1) 史跡福山城保存管理計画にみる整備計画
 (2) 設計の前提となる基本計画
 (3) 事業実施に向けての優先順位
 (4) 基本設計の枠組
第3章 設計立案のための調査と方法
 (1) 資料の調査と解析
 (2) 復元設計の方法
第4章 二ノ丸・三ノ丸南東部地区整備方針
 (1) 整備の基本方針
 (2) 造成方針
 (3) 雨水排水方針
 (4) 遺構保存活用整備方針
 (5) その他活用上必要な施設整備方針
 (6) 植栽方針
 (7) 供給設備施設整備方針
第5章 基本設計
 (1) 造成
 (2) 雨水排水
 (3) 遺構保存活用施設
 (4) その他活用上必要な施設
 (5) 植栽
 (6) 宮殿施設
第6章 事業実施に向けて
 (1) 事業費概算
 (2) 事業年次計画
図版
資料
 古写真
 絵図

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です