西方館 中世城館跡発掘調査報告書 三春町文化財調査報告書第13集

西方館 中世城館跡発掘調査報告書 三春町文化財調査報告書第13集
編集:建設省三春ダム工事事務所、三春町教育委員会
発行:三春町教育委員会
発行日:1992年3月30日
ページ数:58P
定価:不明
オススメ度:★★★☆☆
「戦国時代の三春は、三春城を居城とする田村氏によって治められていました。西方館は、「西方水かけまつり」で有名な西方集落の東の山頂にある山城で、地元では霧館と呼んでいます。この城は、三春南部の2つの重要な道筋が合流する地点にあるために、本城三春城の南方を支える重要な城だったようです。今回西方館のほぼ全域を発掘調査いたしましたが、土塁や建物跡が発見され、当時の城の様子がかなり明らかとなりました。建物の一部については、復元してみましたので、当時の城のおおよその姿は偲んでいただけると思います。」
書評:
西方館は山頂にある館跡でありますが、実際に住んだ場所ではなく、戦闘時の砦跡のようです。城がまるごと残っていることから、この地方の臨時用砦跡の貴重なサンプルです。


[目次]
Ⅰ 調査要項
Ⅱ 位置と占地
Ⅲ 縄張り
Ⅳ 普請
Ⅴ 作事
Ⅵ 出土遺物
Ⅶ 館の年代
Ⅷ 西方館関連文献資料
Ⅸ 縄文時代
Ⅹ まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です